口コミで評判!おもちゃ(玩具)・ホビーの買取査定専門店をおすすめ比較ランキングでご紹介!【出張・宅配買取も人気の業者】

スーパーファミコンを高く買取ってもらうポイント

公開日:2020/09/01  最終更新日:2020/08/27

スーパーファミコンは非常に多くの台数が販売されたゲーム機であり、現在でも所有している人が多いことから、中古市場で販売されることも多くなっています。できるだけ高い価格で買取ってもらうために、お店に持ち込む前にチェックしておきたいポイントがいくつかあります。今回は、スーパーファミコンを高額で売却するポイントをご紹介します。

スーパーファミコンの動作の確認

スーパーファミコンを高額で買取ってもらうためにまずチェックしておいたほうがよいポイントは、ゲームを正常に遊べるかどうかを調べることです。どれだけ外見がきれいに保存されていても、カセットを入れてゲームが遊べなければ、高額どころか低価格でも売却できなくなってしまうので、お店に持ち込む前にしっかりとチェックしておかなければなりません。

本体を作動させるためには、コンセントから電気を供給するためにACアダプタの設置が必要です。ファミリーコンピュータの本体と異なり、スーパーファミコンにはACアダプタは付属されていないので、持っていない人が動作を確認したい場合には、別売りで販売されていたACアダプタを自分で入手すれば、正常に動作するかどうかチェックできます。

ファミコンに付属していたACアダプタを代用して使うこともできるので、両方のゲーム機を持っている人ならば、ACアダプタを別で購入しなくても、ゲームが動作するかどうかチェックできます。ゲームをテレビにつけるためにはRFスイッチや75Ω/300Ω変換器も必要になりますが、これらも本体とは別売りであるために、持っていない人は、探して購入すれば、動作の確認に使えます。

RFスイッチや75Ω/300Ω変換器も、ファミコンで使用したものと同じものを使用できるために、どちらも持っている人は簡単に動作がチェックできます。テレビの種類によっては専用のケーブルで接続することも可能で、ケーブルも本体とは別売りで販売されていたので、ない場合には探して購入する必要があります。

正しくテレビに接続して、カセットを差し込んでから電源を入れて動作をチェックしますが、ここで確認しておいたほうがよいポイントは、カセットの差込口です。ファミコンとの大きな違いは、カセットの差込口のふたが、カセットを差し込むことで、自動的に開閉できるようになっていることです。

ファミコンの差込口は自分でふたを開けてからカセットを差し込むようになっていましたが、カセットを差し込むだけでふたが開いたり閉じたりできるように改良されているので、カセットが差し込みやすくなっています。ごみなども入りにくくなっているのですが、この部分の開閉が正常にできるかどうかも、高額で売却できるかどうかのポイントです。

コントローラの動作の正面のボタンのチェック

スーパーファミコンを高額で買取ってもらうためには、コントローラが正しく動作するかどうかチェックすることも、重要なポイントです。ファミコンのコントローラとの大きな違いは、コントローラが本体から簡単に取り外すことができるようになっていることです。

ファミコンと同じように本体には2つのコントローラがセットになっているので、売却を考えている人は、コントローラが2つそろっているかどうか確認しておくことも、高額で売却するためにチェックすべきポイントです。

1P用との2P用のコントローラが区別されていないことも、ファミコンとの大きな違いで、2つあるコントローラの好きなほうを選んで遊ぶことができます。本体の向かって左にあるのが1P用のコントローラを接続するための端子で、右側にあるのが2P用の接続端子です。

高額で売却するためには、両方のコントローラがそれぞれ正しく動作するかどうかチェックすることも重要なポイントで、2人で遊ぶことができるゲームを使えば、両方のコントローラが正常に動作するかどうか、簡単に確認できます。

2P用のコントローラがチェックできるゲームとして使用できるのが、対戦モードがあるスポーツゲームです。コントローラについているボタンがそれぞれ正しく動作するかどうかチェックすることも、高額で売却するためには重要なポイントです。

スーパーファミコンのコントローラについているボタンは、ファミコンよりも増えているので、一つ一つのボタンが正常に動くかどうかを確認するための時間も多く必要です。コントローラの左側に方向キーがあるのはファミコンと同じですが、違っているのは右側のボタンの数です。ファミコンより多い4つのボタンがついて、それぞれA・B・X・Yボタンという名前がつけられています。

ボタンの数が多いために、ゲームによっては全く使用しなくても遊ぶこともできますが、売却するための動作の確認をするためには、すべてのボタンを使って遊ぶことができるゲームを使って、チェックしていくのがポイントです。特定のボタンだけ反応が悪かったり、まったく反応しない場合には、売却できない場合もあるので、しっかりと一つ一つチェックが必要です。

そのほかのチェックしたほうがよいポイント

スーパーファミコンを高額で売却するためには、普段はあまり使わないボタンが正常に動作するかどうかチェックすることも、重要なポイントです。コントローラの上部の側面の部分にはL・Rボタンという2つのボタンがつけられていますが、このボタンが正しく動作するかどうかも、売却する前にしっかりと確認が必要です。

LボタンとRボタンは特殊な形状のボタンで、横に長い形になっているのが特徴ですが、遊ぶゲームによっては重要なボタンになります。そのために、売却する前には動作をしっかりと確認しておいたほうが、高額で売却できるかどうか自分で確かめることができます。

接続端子が正常に動作しているかどうかも、本体を売却する場合に調べておいたほうがよいポイントで、通常はコントローラを接続して遊びますが、ゲームによってはコントローラ以外のものを差し込んで遊ぶことができます。

コントローラ以外のものを接続端子に接続して正常に動くかどうか確かめておけば、正常に動作しているかどうかがわかります。正しく動作することを確認して、表面の汚れなども目立っていなければ、高額での買取も期待できますが、本体が収納されていた箱も保管していれば、さらに高く評価してもらえます。

 

スーパーファミコンを専門店に売却する場合には、お店に持ち込む前に、本体の状態を自分でチェックしておくことが、高額で買取ってもらうためのポイントです。チェックをしておいたほうがよいポイントとしては、カセットの差込口の動作があり、カセットを差し込むと自動でふたが開閉されるようになっているために、正常にふたが開閉できるかどうか、確認が必要です。

コントローラがそろっているかどうかも、チェックしておいたほうがよいポイントで、本体には2つのコントローラがつけられているので、売却するときもコントローラが2つそろっていれば、高く評価してもらえます。

コントローラのボタンをチェックすることも高額で売るためのポイントで、右側にある4つのボタンがそれぞれ正常に反応するかどうかをチェックしていきます。上についている2つのボタンも確認が必要で、すべて正常に動けば、正常な中古品として売却できます。不要になったゲームは売却し、新しいゲームを購入する資金にするなど有効活用しましょう。

サイト内検索
おもちゃ買取店ランキング!
第2位 まんだらけ
第3位 駿河屋
第5位 おたからや
第8位 アローズ
第9位 らしんばん
第10位 買取王国
記事一覧
ジャンル別おすすめ買取業者
おもちゃ買取コラム