口コミで評判!おもちゃ(玩具)・ホビーの買取査定専門店をおすすめ比較ランキングでご紹介!【出張・宅配買取も人気の業者】

昭和めんこは高く売れる?買取り相場を紹介

公開日:2021/09/01  最終更新日:2021/09/29


自宅の奥底には、価値のあるものが眠っているかもしれません。それは今では買えないものや、昭和の時代に流行ったものとさまざまです。めんこもその仲間であり、コアなファンに需要があります。ちょっと懐かしい思い出に浸りながら、自宅のめんこを探してみてください。少し驚く値段で買い取ってもらえるかもしれません。

昭和めんことは?

その歴史は長く、平安時代が起源だといわれています。明治になり、鉛製のめんこが登場し人々に広がっていきました。しかし、当時の鉛問題から廃止になってしまい、昭和時代に紙めんことして生まれ変わったのです。

その紙めんこが、昭和めんこと呼ばれています。描かれている絵柄は、当時に流行っていたものが多く、大人気スターやアニメキャラクターなどが描かれていて、収集していた子どもも非常に多かったのではないでしょうか。

古いおもちゃは買取りできる?

めんこは数十年前のおもちゃです。この理由から、あまりよい状態でないのは明白なのでリサイクルしても使いにくい特徴があります。市場でも、新品や未使用が売れていく傾向があるので、状態の悪いものは買取りが難しいかもしれません。その上、業者としては、再度売るために買い取ったものの、購入されずに残ってしまうのは避けたいのが本心です。

このように単に古いだけのおもちゃは、現在販売されていないという理由から希少価値があるものの、状態が悪く遊べない点から、値が付けられず、買取りに及ばないのも不思議ではありません。しかし買取りが難しいだけで不可能ではないのです。確かに物というもの自体が新品や未使用が好まれますし、時代背景や需要によって価値が左右します。

しかし、めんこは場合によって、価値が付く物もきちんとあります。あまり多くはありませんが、現在もめんこのコレクターが存在しているためです。そういったコアな人はどんな世界にでもいるもので、めんこだけコレクターがいないわけではないのです。

その上、昭和の時代に遊ばれていた点から、骨董品的価値や、過去の資料としての値打ちが付く可能性もあります。まったく需要がないわけではなく、欲しい人は確実にいるのです。「ボロボロで価値がない」と自分で判断し捨ててしまう前に、プロに一度見てもらい、相場の価格を確かめてもらいましょう。

昭和めんこの買取り相場

業者によって、価値がかなり変わってくるのがめんこです。戦前から戦時中の古いめんこであれば、資料としての価値が付くでしょう。また、その中の一つである、「なぞなぞめんこ」と呼ばれるものは、700,000万円前後で取引されていたので、買取り価格は多いに期待できるかもしれません。

昭和時代のめんこになると、所有者がちらほら出てくるため「なぞなぞめんこ」のような大きな価値は付きませんが、お小遣い程度になるでしょう。しかし、めんこの状態によって価値が左右するので、相場と異なる可能性があります。

■昭和50年代のめんこの買取り価格は?

この年代でもめんこはありますが、価格の判断が非常に難しいです。これには理由があり、古すぎるめんこは、プロでも買取り実績が少ないからであると考えられます。そのため、価格の相場を明確にできないのが現状です。現在、フリーマーケットアプリやネットオークションで売買が行われていますが、大体1,000円から2,000円で取引されています。場合によっては、こういったサイトでの販売を考えてみるのもよいでしょう。

しかし、一般ユーザーを相手に販売するため高値での買取りは期待できないかもしれないので、業者に一度依頼してからでも遅くありません。そこで、業者を利用する際での注意点や、おすすめの買取り方法をご紹介しますので、参考にしてみてください。

■アニメキャラクターのめんこは価格が異なる

先にも説明しましたが、めんこにはアニメキャラクターが描かれているものがあります。そういっためんこを買取りに出す場合は注意しましょう。なぜなら、買取り価格が異なってくるためです。これは、めんこコレクターで尚且つその作品が好きな方にしか購入へとつながらない、いわば需要がピンポイントであるからだと考えられます。このような理由とあわせて、そもそもめんこ自体が古いものなので、価値が付かなくても変ではないと覚えておきましょう。

■高額買取りの可能性を秘めているのがめんこ

めんこの価値についてお話してきましたが、査定に出してみないとわからないものがほとんです。上記で述べたいずれかの条件に当てはまっているが、ダメ元で業者に依頼してみたら高額だった、ということもあり得ない話ではないでしょう。買取りに出す前に、少しでも価値を上げる方法をご紹介します。

■キレイな状態のめんこが望ましい

商品は共通して、キレイな状態のものが好まれます。それはめんこも同じです。しかし、昭和の時代に遊ばれていためんこをキレイにするのは難しいので、業者に依頼する際に丁寧に梱包しておくとよいでしょう。めんこは紙でできているので、水に濡れてしまうと使えなくなってしまいますし、折れてしまってもいけません。無理にキレイにしようとは考えずに、汚さないように配慮してあげるとよいです。

■箱があるとよい

玩具の買取りでは、箱や取扱説明書があると価値が上がる傾向があります。昭和めんこも同様です。今となっては珍しい箱も合わせて依頼してみると価値が上がるかもしれません。

■まとめ売りを視野に入れる

業者によってはまとめ売りをすると査定額の上昇や、送料や手数料を無料にしてくれる所があります。その他の不用品があれば、まとめて業者に送ってしまうのも手段の一つです。

■業者の比較を必ず行う

買取り業者は複数あります。業者の実績と、買取り方法、ユーザーの満足などを事前に調べておくと、スムーズな取引が行えるでしょう。こういった入念な調査と自分に合った条件で価値を見抜いてもらうことをおすすめします。

業者によっては買取の基準が異なるため、Aの業者とBの業者の買取り価格が違うのはおかしい話ではありません。複数の業者に依頼して、一番買取り価格が高い所を選ぶ方法をおすすめします。しかし、業者によっては、買取り不成立となると、着払いで送ってくるところもありますので、しっかりと調べた上で行いましょう。

■フリマアプリやオークションでの販売は?

業者が提示してきた金額に納得ができない場合、インターネットでの販売を検討してみてもよいでしょう。しかし、古いものなので運が良ければ取引が成立するイメージです。価格が未知数となってしまうこと、購入者も少ない点から、あまりおすすめはできない方法だといえます。

■専門店での買取りも調査する

めんこは古いものですから、レトロ玩具店や骨董品を扱っているお店へ足を運ぶのも方法のひとつです。おもちゃのジャンルに詳しくない業者に依頼しても、正当な価格を判断できない可能性もあり、こうした業者に依頼した場合、相場より低い価格になってしまう点が挙げられます。

一方で、おもちゃ買取の専門店では古いおもちゃの価値も見抜いてきたプロが揃っているため、適正な価格で買取りをしてくれるでしょう。

まとめ

今回は昭和時代の玩具であるめんこについてご紹介しました。自宅にあるのは懐かしい思い出の詰まっためんこだと思いますが、買取りに出してもよいと考えているのであれば、検討してみてください。繰り返しになりますが、価値はプロに判断してもらうとよいです。せっかくなら納得のいく金額で買い取ってもらいたいものなので、利用できるサービスはすべて試してみて買取りに出しましょう。

サイト内検索
おもちゃ買取店ランキング!
第2位 まんだらけ
第3位 駿河屋
第5位 おたからや
第8位 アローズ
第9位 らしんばん
第10位 買取王国
記事一覧
おもちゃ買取コラム